所有している底地(貸宅地)を売却したい場合、必要不可欠な存在となるのが底地(貸宅地)の買い取り業者です。
ただ初めての売却の場合、買い取り業者の選定方法ついて、右も左もわからないという方は多いでしょう。
したがって今回は、底地(貸宅地)の買い取り業者はどこを見て選定するのかについて解説します。

底地(貸宅地)の買い取り業者はココを見て選定しよう①底地(貸宅地)に強いかどうか

底地(貸宅地)の買い取り業者を選定する際は、まず“底地(貸宅地)に強い買い取り業者”かどうかを確認しましょう。
底地(貸宅地)は、買い取った後の活用が難しいことから、不動産会社であっても買い取りを行っていないケースが多いです。
したがって、まずは底地(貸宅地)の買い取りを他の不動産の買い取りと同じように行っている買い取り業者を選定しましょう。
またその買い取り業者に、これまで数々の底地(貸宅地)を買い取ってきたという実績があれば、なお良しです。
底地(貸宅地)に強い買い取り業者を選定するための工夫としては、“特殊な不動産”に強い買い取り業者を探すことをおすすめします。
特殊な不動産とは、再建築不可の不動産、市街化調整区域内にある不動産、事故物件など、通常の不動産にはない規制や、売れにくい特徴を持っている不動産のことを言います。
これらの不動産に強ければ、その買い取り業者は底地(貸宅地)にも強い可能性が高いと言えます。

底地(貸宅地)の買い取り業者はココを見て選定しよう②信用性の高い業者かどうか

底地(貸宅地)の買い取り業者を選定する際は、信用性が高い業者かどうかもしっかり確認しましょう。
信用性が高い買い取り業者には、主に経営年数が長い買い取り業者が挙げられます。
どんな業種でも、経営年数の長さはその企業の信用性を測るための物差しとなりますが、不動産会社は特にその傾向が強いです。
また経営年数だけでなく、買い取り業者の“所在地”も確認することをおすすめします。
所在地を確認し、どんなビルに入居している買い取り業者なのか、また買い取り業者自体が所有しているビルなのかなどを知ることで、ある程度その買い取り業者の信用性を測ることができます。
また100%鵜呑みにすることはおすすめしませんが、買い取り業者の口コミも一通りチェックして、選定の参考にするのも良いでしょう。

底地(貸宅地)の買い取り業者はココを見て選定しよう③買い取りに関する具体的な数字を出してくれるかどうか

底地(貸宅地)の買い取りに関する具体的な数字を出してくれる買い取り業者も、選定すべき買い取り業者の1つです。
買い取りまでにかかる時間や、最大どれくらいの金額で買い取ってくれるのかなどの具体的な数字を相談してからすぐに出してくれる買い取り業者は、非常に信用できます。
また底地(貸宅地)の売却を検討している方の中には、できるだけ早く売却し、現金を手に入れたいと考える方も多いでしょう。
したがって、“すぐに現金化してくれるか”というところも、買い取り業者を選定する際は確認しておくべきです。
底地(貸宅地)の買い取り業者の中には、数億円単位の売却益であっても、買い取りの翌日などにすぐ支払ってくれるところもあります。
また前述のような買い取りまでの期間、最大買い取り金額などを具体的に出してくれる買い取り業者は、得てして現金の支払いもスピーディーに行ってくれるところが多いです。

まとめ

初めて底地(貸宅地)を売却する方に向けて、どこを見て買い取り業者を選定するべきなのかについて解説しました。
今回解説したチェックポイントをすべて満たしている買い取り業者は、思惑通りの売却を実現してくれる可能性が高いでしょう。
逆に底地(貸宅地)の買い取りに関する実績がなかったり、信用性に欠けたりする買い取り業者は、早めに選択肢から外しておくことをおすすめします。

 

こんな記事も読まれています