不動産売却では、実際に売却を完了させるまでにさまざまな問題を乗り越えなければいけません。
今回は不動産売却において、ありがちな悩み・問題の解決方法について解説します。
始めて不動産売却をするという方は、必ずと言っていいほど今回解説する悩みや問題に遭遇することになるため、ぜひ参考にしてください。

不動産売却においてありがちな悩み・問題の解決方法①売却方法の決め方

始めて不動産売却をする方は、まず売却方法をどのように決定すればいいのかという悩みに直面するでしょう。
不動産売却には、個人での売買と不動産仲介業者に依頼することによる売買があります。
近年は不動産売却に関するオンラインサービスも多様化しているため、個人での売買という選択肢も選べないわけではありません。
ただ個人での不動産売却は、売主も買主も売買に関する知識が乏しく、トラブルが起こりやすくなるためおすすめはできません。
したがって個人での売買における利点を有識者に教えられたとしても、必ず不動産仲介業者に依頼して売却するようにしましょう。
不動産仲介業者に依頼することによる売買は、当然個人での売買では発生しない仲介手数料が発生します。
ただ仲介手数料のコストを減らしてまで、個人での売買を行う利点はないと言えるでしょう。

不動産売却においてありがちな悩み・問題の解決方法②媒介契約のタイプの決め方

不動産仲介業者を利用した不動産売却をする場合、不動産仲介業者と締結する媒介契約のタイプを決定しなければいけません。
媒介契約のタイプには、“一般媒介契約”、“専任媒介契約”、“専属専任媒介契約”の3種類があります。
一般媒介契約は、複数の不動産仲介業者と媒介契約を結び、買主を早く見つけたいという方におすすめのタイプです。
専任媒介契約は、複数の不動産仲介業者と媒介契約を結ぶことができません。
ただ自分で見つけた買主には売却できるため、自分でも買主探しをしたいという方におすすめのタイプです。
専属専任媒介契約は、他の不動産仲介業者はもちろん、売主が見つけ出した買主にも、原則不動産を売却することができません。
ただその分不動産仲介業者は、売主の不動産売却に向けて高品質のサポートをしてくれるため、不動産仲介業者の力を最大限に利用して売却したいという方におすすめのタイプです。

不動産売却においてありがちな悩み・問題の解決方法③なかなか買主が見つからない場合の対処法

不動産売却において、なかなか買主が見つからないという状況はよくあることです。
そういう場合においては、不動産の売却価格を下げるというのが1番シンプルで効果がある方法です。
特に同じエリアで条件が似ている不動産が売りに出されている場合、売却価格が高いとなかなか買主は見つからないでしょう。
もし自身が売りに出している不動産において、購入の申し込みがあったにも関わらず、2回以上断っているという方は、高く売却しようと考えすぎている可能性があります。
また購入申込者から何度も大幅な値下げ交渉があったという場合も、不動産の売却価格を高く設定しすぎている可能性があるので、1度相場と見比べるべきでしょう。
それでもなかなか買主が見つからないという場合は、不動産売却を依頼している仲介業者を変えてみるのも1つの方法です。
ただ不動産仲介業者との契約が専任媒介契約の場合、契約から3ヶ月間は契約解除ができないので、解除のタイミングが限定されます。

まとめ

不動産売却においてありがちな悩み・問題とその解決方法について解説しました。
不動産売却初心者の方にとっては、参考にしていただける内容になったのではないかと思います。
不動産売却でありがちな悩みや問題を把握していても、いざそれらに遭遇したとき、適切な解決方法が実践できなければ意味がありません。
スムーズに不動産を売却できるかどうかは、それらの解決方法を実践できるかどうかに大きく左右されます。

 

こんな記事も読まれています