みなさんは、土地を巡るトラブルについて詳しく知っていますか?
底地を貸し出す際は、しっかりと土地の契約を結びますよね。
契約を結んだ通り、約束を守ってくれると問題ありませんが、中には問題を抱えてしまう貸主さんもいます。
今回は、底地はどのような時に差押の手段が取られるのかについて説明したいと思います。

底地での差押など土地に関する問題はつきもの

底地で差押になってしまう場合を紹介する前に、差押とはどのような手段のことなのかを説明したいと思います。
法律に関する専門用語なので、あまり日常では聞かない言葉ですよね。
差押とは、どのような時に取られる手段なのでしょうか?

差押は、自分の持っている財産を国が手に入れることを言います。
差押は何かあった場合の最終手段の方法とも言え、余程のことがない限りは使うことはありません。

不動産の場合だと、払うべき地代が支払われなかったり、土地で契約に反したことを行ったりしている時に、土地に対して差押が行われることがあります。

土地の契約を行うと、多くの人は契約を守って運用をしていきます。
しかし、急に生活が苦しくなるなど、人には事情が様々あるでしょう。

今回の記事は、底地での差押に関してですが、土地に関する問題は意外と身近に潜んでいることが多いのです。

底地で差押になる事例にはどのようなものがあるの?

底地を管理している貸主が、差押を考える場合は次の通りです。
貸主が困るのは、土地を貸す時に必ず契約を結びますが、契約を守ってくれないことですよね。
一番多いのは、地代を長期間支払ってくれないという事情から、法律に基づいた手段を取らざるを得ない、ということです。

土地を借りた場合は、必ず使用料を支払うことになりますよね。
何らかの事情で、支払いができない、または遅れてしまうこともあるかもしれません。
このような状態になった時、貸主にすぐ相談してもらえれば、どうすればいいか対応も考えやすいでしょう。

しかし、長期間の支払いがなかったり、支払いに応じてくれなかったりすると、貸主が自力で地代を回収することはできませんよね。
したがって、裁判を通して、未払いの代金を回収する方法を取らざるを得なくなります。
差押も、代金を回収する方法の1つになるでしょう。

底地上で差押になってしまうと、土地の契約がなかったことになってしまい、お金の問題以外に、他の問題を誘発してしまう可能性もあります。

まとめ

今回は、底地はどのような時に差押の手段が取られるのかについて説明しました。
底地を含め土地に関する問題は多く、問題を解決する最終手段として差押という方法が使われることがあります。
差押になる例として多いのは、土地の使用料の支払いがないことで、代金を回収するために差押を選ぶ人もいます。
大きな問題になって両者の関係がこじれてしまうことも多いので、事前に相談するなどして解決の方法を探していきましょう。

 

こんな記事も読まれています