土地に建物を建築するとき、場合によっては敷地の一部をセットバックしなければいけません。
ただセットバックした部分については、一時的に駐車場として利用することができます。

ではセットバックした部分は、駐車場以外も利用できるのでしょうか?
セットバックの概要と併せて解説していきます。

そもそもセットバックって何?

私たちが普段生活している街中には、とても幅が狭い道路が存在します。
またそのような幅が狭い道路は、どれだけ狭くても“道路”と呼ばれます。
ただ建築基準法では、このような幅の狭い道路は“道路”として認められていません。
幅が4m以上あるものだけが、建築基準法の道路として認められます。

しかし建築基準法が制定される以前から、幅4mに満たない道路は存在していたため、このような道路は“みなし道路”として、幅が狭くても特別に道路として認められることになっています。
このみなし道路に接する敷地に建物を建築するときは、その道路の中心から2m以上後退した部分に建築しなければいけません。
このみなし道路からの後退を、“セットバック”と言います。

【結論】セットバックした部分は駐車場以外で利用するのが難しい

結論から言うと、みなし道路からセットバックした部分に関しては、駐車場以外で利用することは難しいと言えます。
理由は簡単で、この部分は“道路”と見なされるため、一切の建築物の設置が認められないためです。
当然ガレージや物置、駐輪場などに利用する設備の設置もできないため、この部分に関しては、基本的には一時的な平面駐車場としてしか利用できないと覚えておきましょう。

セットバックした部分を駐車場以外で利用できるケース

みなし道路からセットバックした部分に関しては、駐車場以外に利用することは難しいという話をしました。
ただ道路斜線制限の緩和措置を受けるために行うセットバックであれば、その部分は“私有地”となるため、駐車場以外にも利用することができます。

建築基準法では、一定条件の範囲内において、道路斜線制限の緩和措置を受けるためにセットバックした部分に関して、以下の建築物を設置することが認められています。

・ガレージ
・物置、倉庫
・自転車置き場
・バイク置場

道路斜線制限の緩和措置を受けるためにセットバックした部分をそのまま駐車場として利用することもできれば、セットバックした部分にガレージを設置して、そこに車を保管することもできます。

みなし道路からセットバックした部分は利用しないのが無難

先ほど、みなし道路からセットバックした部分は、一時的な平面駐車場としてしか利用できないと解説しました。
ただ本当のことを言うと、駐車場としても利用するべきではありません。
確かに建築物を建築しなければ、駐車場として利用することは不可能ではありませんが、その部分は決して私有地ではないため、どのタイミングで道路工事などが行われるかわかりません。
したがって急に道路工事の施工が決定した場合、車を保管する場所がなくなってしまい、対応に追われてしまう可能性があるのです。

また利用に関して、周辺住民や各自治体からクレームが入り、トラブルに発展してしまうことも考えられます。
したがってこの部分に関しては、最初から利用できないものと考えておくべきだと言えます。

まとめ

セットバックした部分について、駐車場以外で利用できるのかについて解説しました。
みなし道路からセットバックした部分は、建築物の建築が認められないため、駐車場以外で利用するのは難しいです。
また駐車場として利用することも、トラブルの発生を考慮すると決しておすすめできるものではありません。
ただ道路斜線制限の緩和措置を受けるためのセットバックであれば、セットバックした部分の利用における自由度は高くなります。

 

こんな記事も読まれています