地主様が選択する土地活用方法として、マンションなどの集合住宅での賃貸経営はとても一般的です。
ただ土地活用として賃貸経営をする場合、戸建物件での賃貸経営を選ぶという方法もあります。
土地活用として戸建物件を経営することには、一体どんな利点があるのかを解説しましょう。

【地主様向け】土地活用としての戸建物件経営にはどんな利点がある?

土地活用としての戸建物件経営には、集合住宅での賃貸経営とは違った利点があります。
主な利点は以下の通りです。

・利回りが安定している
土地活用としての戸建物件経営には、集合住宅の経営よりも利回りが安定しているという
利点があります。
集合住宅での土地活用における利回りは、あくまで部屋がすべて埋まっている場合の利回りです。
したがって空き室が増えることにより、当初目標としていた利回りを達成できないこともあります。
一方戸建物件は、基本的に長期間生活する方が多いため、集合住宅よりも安定した利回りを実現しやすくなります。

・立地が悪い物件でも需要がある
土地活用としての戸建物件経営には、立地が悪い物件でも需要があるという利点もあります。
戸建物件への居住を考える方は、単身者よりも家族世帯の方が圧倒的に多いです。
家族世帯は駅が近いなどの特徴を持つ立地が良い物件よりも、どちらかと言うと住環境に重きを置いて住居を探す傾向にあります。
したがって立地があまり良くないエリアで戸建の賃貸物件を経営しても、一定の需要はあることが予想されます。

・売却しやすい
土地活用として利用する戸建物件には、集合住宅よりも売却しやすいという利点もあります。
もし土地活用で利用していた集合住宅を売却する場合、売却先はほとんど投資家になるので、なかなか買い手が付かないことも考えられます。
一方戸建物件を売却する場合は、投資家だけでなく住居として利用したいという買い手も集まることが予想されるため、売却しやすくなります。

【地主様向け】土地活用としての戸建物件経営の欠点は?

土地活用として戸建物件を経営することにはいくつかの欠点もあるので、利点と併せて把握しておきましょう。
主な欠点は以下の通りです。

・賃貸人が退去する際の原状回復費が高い
土地活用としての戸建物件経営には、賃貸人が退去する際の原状回復費が高いという欠点があります。
戸建物件は集合住宅に比べて生活するスペースが広くなるため、必然的に地主様が負担する原状回復費が高くなってしまうのです。

・賃貸人がいない時期の収入がゼロになる
集合住宅経営において賃貸人が退去しても、他の賃貸人は残っているため、収入が少なくなるとはいえゼロになることはありません。
ただ土地活用としての戸建物件経営をする場合、賃貸人は1人(1世帯)だけのため、退去されると次の賃貸人が見つかるまでの収入がゼロになってしまいます。

【地主様向け】土地活用としての戸建物件経営でよくあるミスのパターンについて

土地活用としての戸建物件経営でよくあるミスは、地主様が土地を購入して、そこに物件を建築するという場合によく起こります。
土地を購入してからそこに戸建物件を建築するとなると、当然莫大なコストが必要になります。
また土地活用をスタートさせて、すぐに賃貸人が決定すれば問題はありませんが、なかなかすぐに賃貸人は見つからないものです。
その間も、住宅ローンを返済したり、固定資産税の支払いなどをしたりと、支出はどんどんかさんでしまいます。
したがって土地を購入して戸建物件を立てる場合、賃貸人が決定するまである程度の期間がかかるということは、必ず事前に把握して計画を立てなければいけません。

まとめ

土地活用としての戸建物件経営について、さまざまなことを解説しました。
これまで“賃貸経営=集合住宅”と考えていた地主様は、1度戸建物件経営という選択肢も検討することをおすすめします。
例えば相続された建物付きの土地を所有している地主様で、建物の状態がまだ良いという場合は、賃貸経営をするよりもそのまま戸建物件経営をする方が、初期費用は抑えられます。

 

こんな記事も読まれています