駐車場での土地活用は、非常に多くの地主様によって実践されています。
もしこれから駐車場での土地活用をしようと考えている地主様は、どのようなミスのパターンがあるのかを把握しておきましょう。
実際に起こり得る駐車場での土地活用におけるミスを知り、同じミスをしないように心掛けるべきです。

駐車場での土地活用におけるミスのパターン①利益を追求しすぎたことによるミス

駐車場での土地活用におけるミスのパターンとして、利益を追求しすぎたことによるミスは非常に多いです。
駐車場での土地活用は、駐車場(コインパーキング)を運営する企業と契約を結ぶことで、すぐに始められます。
ただもちろん駐車場を運営する企業と契約せず、地主様個人で駐車場経営を始めることもできます。
利益を追求するのであれば、地主様自身が駐車場の管理や運営を行うのが得策ですが、利益のことばかり考えるとミスに繋がります。
駐車場での土地活用を行うエリアの周辺に大手の駐車場運営企業がいる場合、地主様自身が管理や運営を行うと対抗するのが難しくなるためです。
したがって駐車場での土地活用は、利益を追求しすぎずに安定して利益を出すことを考え、管理や運営を一任することも選択肢として考えておくべきでしょう。

駐車場での土地活用におけるミスのパターン②管理が行き届いていないことによるミス

駐車場での土地活用において、地主様が管理や運営を行う場合、管理が行き届いていないことによるミスもよく起こります。
駐車場は、複数の車が1つの敷地に集まります。
したがって地主様は、駐車場内で事故が発生することも考え、注意を促す看板などを設置しておくべきでしょう。
また、駐車場内で発生した事故における責任は誰が負うのかも記載しておかなければ、地主様が事故の責任を取らなければいけなくなる可能性もあります。
設備の不具合が原因の事故が発生する恐れもあるので、設備が劣化していないか定期的にチェックすることも大切です。

駐車場での土地活用におけるミスのパターン③違法な利用者の増加によるミス

駐車場での土地活用における形態は、コインパーキングだけではありません。
基本的に設備や建築物が不要な月極の駐車場経営も、多くの地主様によって実践されています。
月極の駐車場は駐車場を運営する企業との契約も不要なため、とても人気がある土地活用の1つですが、違法な利用者への対応方法を考えておかなければいけません。
ロープやチェーンが張ってあるだけの簡易な駐車場であれば、契約者以外が勝手に敷地内に駐車をすることも考えられます。
したがって事前に違法駐車への対応を明記した看板を設置し、可能であれば防犯カメラも取り付けておくべきでしょう。

駐車場での土地活用におけるミスのパターン④税金のことを考えていなかったことによるミス

駐車場での土地活用をすることによって、どんな税金がかかるか把握していなかったことによるミスも多く発生しています。
例えば相続されて以来放置している親の住居を取り壊し、その土地で駐車場を経営するようなケースにおいて、上記のミスは発生しやすくなります。
固定資産税に充てる資金を調達するために駐車場経営をスタートさせたにも関わらず、住居を取り壊したことによって固定資産税の課税額が一気に増加し、結局赤字になってしまったというケースがよく見られます。
土地の状況が変われば課税される税金の額も変わるということは、事前に把握しておかなければいけません。

まとめ

駐車場での土地活用には、さまざまなミスのパターンがあります。
すべてのミスに共通して言えることは、知識が乏しい状態で駐車場での土地活用を始めてしまうことによるミスだということです。
駐車場での土地活用における利点だけでなく、リスクについてもしっかり把握しておくことができれば、今回紹介したミスを防ぐことは難しくありません。

 

こんな記事も読まれています