土地の売却を決断してから実際に売却を完了させるまでには、さまざまな段階を踏む必要があります。

そして土地を売却するまでの各段階において、それぞれ重要なポイントが存在します。

段階別の重要ポイントを知っておけば、土地の売却において大きな失敗をする可能性は低くなるでしょう。

 

土地売却における段階別重要ポイント①準備段階の重要ポイント

土地の売却は、まず土地売却における準備の段階からスタートします。

準備段階における重要ポイントは、ずばり“複数の不動産仲介業者に依頼する”ということでしょう。

信頼できる不動産仲介業者がいる場合であれば構いませんが、初めて土地を売却するという地主様は、まず複数の不動産仲介業者に仲介を依頼するべきです。

複数の業者によって提示された条件を比較して、その中から最も納得がいく条件を提示している業者を選んでください。

 

土地売却における段階別重要ポイント②売出段階の重要ポイント

依頼する不動産仲介業者が決定すると、土地売却は不動産仲介業者による売出の段階へと移ります。

売出段階の重要ポイントは、“広告を増やしてもらうための交渉をする”ということです。

当然のことですが、不動産仲介業者による広告の数が増えれば、それだけ多くの方の目に留まりやすくなり、買い手が集まりやすくなります。

ただ広告料を多くかけすぎると、不動産仲介業者が後々得られる利益の額は小さくなります。

また広告を増やしてもらうために地主様が追加料金を支払ってしまうと、今度は地主様が後々得られる利益が少なくなってしまいます。

つまり交渉をする場合は、追加費用がかからない範囲で広告を増やしてもらうように伝えなければいけません。

実現できるかどうかは不動産仲介業者の手腕によりますが、交渉するだけでもしておくべきでしょう。

 

土地売却における段階別重要ポイント③売買契約段階の重要ポイント

売出によって買い手が見つかれば、土地売却は買い手との売買契約の段階に移ります。

この段階での重要ポイントは、“複数の買い手と複数回交渉する”ということです。

あくまで複数の買い手が見つかった場合のみになりますが、1人の買い手がとても良い条件を提示してくれたからと言って、他の買い手をおざなりにするべきではありません。

必ずすべての買い手と交渉し、すべての条件を聞き入れた上で、そこからさらに気になる買い手と条件の交渉をするべきです。

複数の買い手と複数回交渉することで、さらに良い条件を引き出すことができるかもしれません。

 

土地売却における段階別重要ポイント④納税段階の重要ポイント

買い手が決まり、土地の売却が正式に完了したら、最後には納税という段階が待っています。

納税段階では、必ず自身の土地売却が“特別控除”の対象に該当しているかをチェックしましょう。

居住用の土地を売却する場合は3,000万円の特別控除が受けられるため、適用のための準備をしておけば、大きな節税に繋がります。

したがって土地売却を行って取得した利益そのものに、税金がかかるというわけではありません。

そして土地売却によって発生した税金は、翌年に必ず納めなければいけないため、正確な金額を弾き出して記録しておくことも重要です。

土地売却後の税額計算は非常に複雑なものになることが予想されるため、初めて土地売却を行う地主様は、不動産仲介業者に相談して算出してもらうのがベストでしょう。

 

まとめ

土地売却における段階別の重要ポイントを解説しましたが、いかがだったでしょうか?

土地売却完了までの段階はもっと細かく区切ることもできますが、少なくとも今回解説した段階における重要ポイントは、しっかり押さえておくべきです。

すべては、地主様の理想的な土地売却を実現させるためです。

とにかく早く土地を売却したいという地主様も、1度冷静になることを心掛けましょう。

 

こんな記事も読まれています