マンションの売却を考えている方は、どれくらいの時間をかけて売却すべきなのかを1度は考えたことがあるでしょう。
今回はそんな方たちに向けて、マンションの売却にかける時間について解説したいと思います。
自身の状況と照らし合わせて、最適な時間を見つけてください。

マンションの売却にかけるべき時間は人それぞれ

実はマンションの売却において、すべての方に当てはまる適切な売却までの時間というものは存在しません。
ただマンションの売却にかける時間について、誰もが意識しておくべきことはあります。
まずマンションの売却にかける時間は、あまり長くならないように心掛けましょう。
売却までにかける時間を長く設定してしまうと、設定した期間ギリギリまで売れ残ってしまったとき、買い手に“売れ残っているマンション”という悪いイメージを与えてしまいます。
売れ残っているのには何か理由があると深読みされることによって、なおさら買い手が付きにくくなることが考えられるでしょう。
また不動産仲介業者は、あまりに長く売れ残っているマンションに力を入れてくれません。

マンションの売却にかける時間は3~6ヶ月に設定する方が多い

マンションの売却にかけるべき時間は人それぞれだという話をしましたが、全体的に見ると3~6ヶ月に設定している方が多いです。
なぜかと言うと、不動産仲介業者との媒介契約は3ヶ月で更新されるケースがほとんどであるためです。
つまり3ヶ月で売却できなかった場合、そこで契約を解除して、他の不動産仲介業者に依頼しやすくなるということです。
最初の3ヶ月は少し高めの売却価格を設定し、別の不動産仲介業者と契約したら、そこから少しずつ売却価格を下げて、トータルで6ヶ月以内の売却を目指すという方が多いようです。

マンションの売却にかける時間はどうやって設定すればいい?

マンションの売却にかける時間は、どうやって設定すればいいのでしょうか?
最初マンションを売りに出す際は、少し周辺の相場よりも高めの売却価格を設定します。
それでしばらく買い手が現れなければ、少しずつ売却価格を値下げしていきましょう。
それでも売却できず、自身が設定した売却にかける時間のリミットが迫っている場合は、周辺の相場よりも少し低めの売却価格を設定します。
つまり最初に設定するマンションの売却にかける時間は、多少売却価格が下がっても、その時間までに売却できるように設定すべきだということです。

マンションの売却にかける時間は意識しすぎないようにすること

マンションの売却にかける時間には大体の目安がありますが、“どれくらいの時間をかければいいのだろう”と深く考えすぎないことをおすすめします。
それはマンションを売却する方が何を優先するかによって、適した時間が変わってくるためです。
例えばどれだけ売却までの時間が長くなっても、とことん高く売却したいという方は、例えリスクがあっても長い時間をかけることになります。
逆にマンションを売却してすぐにでも現金化したいという方は、売却価格にこだわらず短い時間で売却することになるでしょう。
またマンションを売却する時期が悪ければ、適切な価格でもなかなか買い手が見つからない場合があります。
その場合は時期による影響が大きいため、多少売却までの時間が長くなっても、少しずつ買い手が現れるようになるでしょう。

まとめ

マンションの売却にはどれくらいの時間をかけるべきなのかを解説しました。
まとめると、マンションの売却にかける時間にはある程度の目安があるものの、状況によっては長い方が適切、短い方が適切になるということです。
誰もが抑えておくべきポイントをしっかり押さえた後は、冒頭でも言ったように自身の状況と照らし合わせて、最適な時間を見つけることに専念しましょう。

 

こんな記事も読まれています