地主様が土地活用の方法を決定する際には、必ず意識しておくべき重要な点がいくつかあります。
どんな種類の土地活用を行うにしろ、利点や目的だけで決定してしまうのは良くありません。
意識すべき重要な点をすべて網羅した上で、土地活用の方法を決定してください。

土地活用の方法を決める際に意識すべき点①収益性

土地活用の方法を決める際に意識すべき重要な点として、まずは収益性が挙げられます。
地主様が利用していない土地を有効に活用するのが土地活用なので、期待できる利益は必ず意識しなければいけません。
シンプルに考えると、土地活用を行うことによって得られる利益が大きく、土地活用を行うにあたって必要なコストが少ない方法が、1番収益性の高い方法ということになります。
例えば賃貸経営を行う場合、賃料を多く得られる一方で、物件の建築費や維持管理費、税金などのコストを抑えられるのであれば、それが1番収益性の高い賃貸経営と言えます。

土地活用の方法を決める際に意識すべき点②リスク

土地活用の方法を決める際は、リスクに関しても強く意識しておく必要があります。
例えば賃貸経営をする場合、そのエリアに住む人物の属性や周辺環境の変化によるリスクを考えておかなければいけません。
学校が多いエリアで学生向けの賃貸物件を経営しようとしても、近い将来周辺の学校が閉鎖になる可能性があります。
また賃貸物件が少ないエリアで一人勝ちを狙おうとしても、経営を始めてからすぐにマンションが複数建設されると可能性があります。
つまりその土地活用の方法におけるリスクを事前に把握し、そのリスクが現実のものにならないように意識して工夫すべきだということです。

土地活用の方法を決める際に意識すべき点③転用性

土地活用の方法を決める際は、転用性を意識することも心掛けましょう。
つまり今後土地活用の方法を変更する際に、スムーズに転用しやすいのかを意識するということです。
建築物を利用した土地活用(賃貸経営、老人ホーム経営など)は、基本的に転用性が低い土地活用の方法です。
したがって、さまざまな土地活用の方法を試したいという方にとって、建築物を利用した土地活用は適していないと言えます。

土地活用の方法を決める際に意識すべき点④適した土地の広さ

土地活用の方法を決める際、その方法に適した土地の広さかどうかは必ず意識しましょう。
例えば賃貸物件経営や老人ホーム経営、商業施設経営を行う場合は、ある程度広い土地が必要となります。
ただ駐車場経営であれば、車1台停められるスペースが始められます。
どれだけ魅力がある土地活用方法でも、適した土地の広さがないと実践できません。

どこを重視するかで土地活用の決め方は変わってくる

土地活用の方法を決める際には、これだけの点を意識しなければいけません。
ただ収益性が高くてリスクが少なく、転用性が高くて狭い土地でも行える土地活用方法は、そう簡単には見つかりません。
したがって土地活用の方法は、最終的に重視する点を明確にして決定しなければいけないのです。
各土地活用方法における収益性、リスク、転用性、必要な土地の広さは以下のとおりです。

賃貸経営 駐車場経営 老人ホーム経営 商業施設経営 太陽光発電
収益性 中〜高 中〜高 中〜高 低〜中
リスク 低〜中
転用性
必要な土地の広さ 中〜広 小〜広 中〜広

まとめ

土地活用の方法を決める際に、意識しておくべき点について解説しましたが、いかがだったでしょうか?
収益性やリスクに関して意識する地主様は多いかもしれませんが、転用性や適した土地の広さかどうかは、意外と意識されていないことも多いです。
もちろんすべてが優れている土地活用の方法を見つけるのは難しいですが、あらかじめ意識すべき点を網羅しておくということが重要だということです。

 

こんな記事も読まれています