土地売却の成功には、成功させるための事前準備が付き物です。
たとえ土地が売却できたとしても、買い手との間でトラブルが起こったり、相場より低い価格でしか売却できなかったりすると、それは成功とは言えません。
土地売却を成功させるために、ぜひ取り入れていただきたい事前準備について解説します。

土地売却を成功させるための事前準備①面積の確認

土地の売却を成功させるにあたって、売却しようとする土地の面積を詳しく確認しておくというのは、とても重要な事前準備です。
建物が建築されていない土地を売却しようとする場合、買い手はその土地にどれくらいの規模の建物が建築できるのかイメージしにくくなります。
したがって土地の売り手が、事前に土地の面積を詳しく確認し、買い手に提示するというのはとても重要なことなのです。
売却しようとする土地が用途地域などに指定されている場合、通常の土地よりも建築できる建物のサイズが規制されることもあります。
また土地の面積だけでなく、土地の前面にある道路の幅なども詳しく確認し、売却しようとする土地に関連する面積の豊富なデータを用意しておきましょう。
長年保有し続けている土地を売却する際は、特にしっかり面積を確認しておきたいですね。
なぜかというと、長年保有し続けている土地を売却する場合、登記簿謄本における面積が正しくない可能性があるためです。
また隣家との境界線の確認も、買い手が土地の購入後にトラブルに巻き込まれないように、売却前の事前準備として行っておきましょう。

土地売却を成功させるための事前準備②利点の確認

土地の売却を成功させるために、売却しようとする土地の利点を把握しておくというのも、重要な事前準備だと言えます。
売却しようとする土地の周辺環境における利点は、必ず事前に洗い出しましょう。
駅からのアクセスが良い、学校や病院などの施設が近いといった利点があるのであれば、土地売却の際に必ずアピールするべきです。
また駅が遠く、学校や病院が近くにない土地であっても、なるべく別の利点を探し出してアピールするようにしましょう。
例えば自然が多い、24時間営業の店舗が多いなどの利点は、土地を売却する際に十分アピールできます。
事前に多くの利点を洗い出しておき、買い手の年齢層や家族構成に合わせて、アピールポイントを変えるという方法も有効です。

土地売却を成功させるための事前準備③長期化することも視野に入れておく

売却までの期間が長期化するのを予想しておくというのも、土地売却を成功させるための大事な事前準備です。
もちろん、売却までの期間が長期化してしまうことによって土地の価値は下がっていくため、早めに売却できるに越したことはありません。
ただあまりに売却までの期間を短くしようとすると、買い手から価格交渉がされやすくなってしまいます。
つまり“早く購入するから、その代わり少し価格を下げてほしい”と交渉されやすくなるわけですね。
土地を高く売却するために期間を短くしようとしているにも関わらず、価格が下がってしまっては意味がありません。
不動産業者に依頼してから2~3ヶ月以内で売却できるのが理想的ですが、半年ぐらいまでは期間が延びることも視野に入れておきましょう。
それでも、経済的な問題などですぐに土地を売却したいという方は、価格交渉によって多少売却価格が下がるかもしれないことを覚悟してください。

まとめ

土地の売却を成功させるための事前準備について解説しました。
せっかく土地を売却するのであれば、できる限り事前準備をして、売り手と買い手の双方が満足する取引にするべきです。
売り手が満足することも重要ですが、双方が満足する取引を実現できれば、それが1番の成功だと言えるでしょう。
焦りさえしなければ、納得の土地売却が実現できることを忘れないでください。

 

こんな記事も読まれています