地主が実践すべき土地活用として、“太陽光発電”があります。
土地活用と聞いてすぐ思い浮かぶ方は少ないかもしれませんが、実は太陽光発電はポピュラーな土地活用の1つです。
土地活用としての太陽光発電とはどんなものなのか、そしてどんな人が太陽光発電に適しているのかについて解説します。

土地活用としての太陽光発電って?

土地活用としての太陽光発電は、まず土地にソーラーパネルを設置して、太陽から集めた光を電気に変換します。
その電気を電力会社に売ることで、利益が得られるという仕組みです。
1度ソーラーパネルを設置すると、数十年間は電力会社に電気を売ることができるので、長期的に一定の利益を得ることができます。
自然の力を利用した土地活用のため、他の土地活用と比較してもランニングコストは圧倒的に安いです。
また自治体によっては、ソーラーパネルを設置することで補助金を交付してくれる場合もあり、そうなると利回りはさらに高くなります。

土地活用としての太陽光発電に適している人ってどんな人?

では、土地活用としての太陽光発電に適している人はどんな人なのでしょうか?
まず“陽当たりが良い土地を保有している方”は、土地活用としての太陽光発電に適していると言えます。
いくら立地の良い場所に土地を所有していても、太陽光を集められなければ太陽光発電は成り立ちません。
また“価値が低い土地を保有している方”も、土地活用としての太陽光発電に適しているでしょう。
価値が低い土地は、固定資産税などのコストも低いため、つい活用せずにそのままにしてしまうという地主が多いです。
そんな方は、低コストで始められる太陽光発電を検討しましょう。
まったく活用していない価値の低い土地でも、安定した利益を上げることができます。
“人口が少ない土地を保有している方”にも、土地活用としての太陽光発電は適しています。
人口が少ない土地であれば、土地活用として賃貸物件の経営などをしようと考えても、なかなか人は集まりません。
駐車場や資材置場などで土地活用をするという選択肢もありますが、まったく人が住んでいないエリアであれば、うまく利益を上げるのは難しいでしょう。
土地活用としての太陽光発電は、人口の多い少ないに関係なく利益を上げることができます。
人口が少ないエリアにおいて、唯一他のエリアと同等の利回りを実現できる方法と言えるでしょう。

土地活用としての太陽光発電はどうやってスタートさせる?

土地活用としての太陽光発電は、まず自身が所有している土地に規制がないかを確認するところから始まります。
自身が所有している土地があるエリアにおいて、ソーラーパネルを一定数以上設置する場合、許可申請が必要なケースも考えられます。
そのような土地において無許可で太陽光発電をすることはできないので、事前にチェックしておきましょう。
役所または電力会社に相談すれば、規制があるかないかはすぐにわかります。
また自身が所有している土地または土地があるエリアが、太陽光発電に適しているかどうかも事前にチェックしましょう。
先ほども少し触れましたが、陽当たりが良い土地であることは太陽光発電をスタートさせる上での絶対条件です。
降雪量が多いエリア、高低差がある土地、水害の危険性が高いエリアなどは、土地活用としての太陽光発電に適していないと言えるでしょう。

まとめ

これまで土地活用としての太陽光発電を検討していなかった方も、少しは興味を持っていただけたのではないでしょうか?
比較的高い利回りで安定した土地活用ができる太陽光発電は、さまざまな地主の収入源となっています。
ただ手軽でランニングコストもほとんど必要ない太陽光発電は人気であり、供給過多になっているエリアも散見されます。
したがって競争相手が少ないエリアであれば、より安定した利益を得ることができるでしょう。

 

こんな記事も読まれています