地主は自分が所有している土地を貸与して利益を得ることができますが、近年コンビニに土地を貸与する地主が増加しています。
コンビニに土地を貸与することによって、地主にはどんな利点があるのでしょうか?
今回は、コンビニに貸与するのに向いている土地と併せて解説します。

コンビニに土地を貸与することによる利点って?

コンビニに土地を貸与することによる利点の1つに、“借り手が見つかりやすい”ということが挙げられます。
例えば、借地権者が建物を建てて居住するための土地を貸与する場合、立地が悪ければなかなか借り手が見つからないこともあります。
ただ周辺にコンビニがないエリアであれば、それほど立地が良くなくても、土地の借り手となるコンビニは見つかりやすいでしょう。
またもう1つの利点として、“効率的に地代が得られる”という点も挙げられます。
例えば駐車場として土地を貸与する場合、車を駐車するスペースは利用できないため、あまり効率的に地代を得ることはできません。
コンビニに土地を貸与する場合、コンビニの広さに応じて地代が弾き出されるため、駐車場として土地を貸与するよりも効率的に地代が得られるでしょう。
またコンビニは、“ロードサイドに強い店舗”です。
交通量の多い幹線道路沿いなどにあるコンビニは需要が多く、地主は1度コンビニに土地を貸与することで、長期的に地代を受け取れる可能性が高くなります。
したがってロードサイドに広い土地を所有している地主は、ぜひコンビニへの土地の貸与を検討すべきと言えるでしょう。

コンビニに貸与するのに向いている土地って?

コンビニに土地を貸与することによって、地主には多くの利点があるということを解説しました。
では次は、コンビニに貸与するのに向いている土地について解説しましょう。
“広い土地”は、コンビニに貸与するのに向いています。
コンビニの集客を増やすには、建物を建てるスペースだけでなく駐車場として利用するスペースもある程度必要です。
また高速道路などが近くにあるロードサイドの土地では、大型車による来店も多いため、通常よりもさらに広い土地が向いていると言えます。
また“人口の多いエリアにある土地”も、コンビニに貸与するのに向いています。
人口が多いエリアと言っても、決して駅が近くないといけないわけではありません。
例えば主要道路が近いエリアにある土地、マンションが多く立ち並ぶエリアにある土地でもOKです。
また周辺にライバル店となるコンビニがあるエリアでも、集客が見込めるのであれば土地を借りたいというコンビニは多いでしょう。
地主はまず自分が所有する土地周辺のコンビニの出店状況、集客状況などを調査してから、土地の貸与に踏み切りましょう。

コンビニに土地を貸与する際に得られる地代はどうやって弾き出す?

地主はコンビニに土地を貸与することによって得られる地代を、どうやって弾き出せばいいのでしょうか?
賃貸物件や駐車場などの地代相場は、周辺にある賃貸物件、駐車場の価格を参考にして弾き出します。
ただコンビニに土地を貸与することによって得られる地代にはバラつきが多いため、周辺の駐車場の相場を参考に地代を弾き出しましょう。
また他の方法として、固定資産税路線価の3~5%を基準にして割り出すという方法もあります。
この方法であれば、コンビニに貸与する土地があるエリアの路線価をチェックすれば、比較的簡単に地代を弾き出すことができます。

まとめ

コンビニに土地を貸与している地主は急増しています。
ロードサイドの広い土地を持つ地主は、借り手を募集すれば多くのコンビニから声がかかることが予想されます。
ただコンビニは、戦略が上手くいかないと閉店してしまうのが早い店舗です。
地主はできる限り長期的に地代を得られるように、見切り発車で土地を貸与しないようにしましょう。

 

こんな記事も読まれています