みなさんの中で、自分の持っている不動産を売ってしまいたいと考えている人はいませんか?
売れたことはいいものの、損失の方が大きかったという人も少なくありません。
収入に繋がらなかった場合、税金の金額の扱いはどうなるのでしょうか?
今回は、不動産売却を行った時の損益に関係する税金の金額について説明します。

基本的な不動産売却による損益と税金の関係

不動産売却を行った場合、損益が発生すると必ず税金がかかります。
どのような税金が関わるのか、知っていますか?
収入に関わってくる税金について、まずは確認しておきましょう。

関わってくる税金の種類は、住民税と所得税があります。
収入の金額に比例して、税金が課される金額も変わってきますよね。

特に、不動産の管理だけではなく、会社勤めしている人等は、その分の収入も含めて計算されることになります。
そのため、売却の金額が大きければ大きいほど、税金の金額も高めになってくると考えておいた方が良いでしょう。

一方で、売ることはできたけれども、思った以上の収入に繋がらなかったという人もいますよね。
「収入が少なくて、税金の金額が高めだと支払うのが厳しい…。」
自分の収入面を考えても、支払いが難しいかもしれないと感じる場合もあります。

実は、売った時の利益が少なかった場合は、税金の金額が軽減されることは知っていますか?

不動産売却による損益で、損失の方が大きかった場合の税金は?

不動産売却で収入を得ることができたものの、損益で損失の方が大きかった場合、税金の金額は少なくなることがあります。
お金の面で不安を感じる人にとっては、嬉しい話ですよね。
不動産に関して、税金では次のような決まりごとがあります。

売った時の利益が少なかった場合、他の収入と比較して、損失をなかったことにすることができるのです。
このやり方は、会社員等、不動産以外の面で収入がある人が行うことができます。
損失がなかったことになると、全体の計算も変わってきますよね。

そのため、税金の金額が少しではありますが、少なめに計算されることになります。
もしも、損失が大きかった場合は、このような決まりがあるということを思い出してみて下さい。

まとめ

今回は、不動産売却を行った時の損益に関係する税金の金額について説明しました。
不動産売却を行うと、損益が発生した場合は必ず税金がかかることになり、利益が大きいほど金額も高めになっていきます。
一方で損失が大きい場合、不動産以外の収入があると損失分を打ち消すことができるので、税金の金額も少なめに抑えることができます。
申請する時の書き方で不明な点がある時は、専門家に聞いておきましょう。

 

こんな記事も読まれています