現在、不動産の投資を始めようかと考えている人はいませんか?
不動産に投資をすると言っても、賃貸の経営から幅広くありますよね。
中でも、近年注目されている、底地に対する投資があるのは知っていますか?
今回は、他の投資と異なり底地における投資が勧められているメリットについて、説明したいと思います。

底地に投資を勧めるメリット①部屋が空室の状態がない

底地での投資を勧めるメリットとして、賃貸の経営とは違う点から説明していきます。
土地と物件のどちらがいいのか迷っている人は、参考にしてみて下さい。

物件の投資を行うと、どうしても部屋に住む人がいないという状況が出てきますよね。
引っ越しなどの時期の問題や、物件の場所の問題から困ってしまう人も少なからずいます。
不動産の投資では、他の投資と比べると失敗は少ないと言われることが多いですよね。
しかし、住む人がいなければ損失に繋がってしまうこともあるでしょう。

底地の場合は、物件とは違い、住んでいる人の人数を気にする必要はありません。
確かに、底地も借りてくれる人がいなければ、利益に繋がりませんよね。
一方で、借り手が見つかると長期的な契約が望めるので、安定した利益を得やすくなります。

そのため、物件とは違い、運用がしやすいメリットがあるのです。

底地に投資を勧めるメリット②税金が少し安くなる

ここでは、底地を借りた人が、その場所に家を建てた場合に得られる投資のメリットになります。
投資となると、自分に入ってくる利益がそのくらいなのかということに、注目しがちですよね。
収入以外の面で、出費に関することにもメリットはあるのです。

土地を購入すると、固定資産税という税金がかかることは知っていますよね。
最初に述べたような場合になると、税金が多少ですが安くなるのです。
税金が少しでも安くなると、手元に残る収入も増えていきますよね。

そのため、底地を管理している人は税金の面でも恩恵を受けることができます。
必要な手続きがあり面倒に感じる人もいるかもしれません。
しかし、少しでも利益を確保したいと考えるならば、手続きもしっかり行っておきましょう。

まとめ

今回は、他の投資と異なり底地における投資が勧められているメリットについて、説明しました。
物件の管理とは比較すると、底地に対して投資を行っている方が損失は少なく、利益を得やすいというメリットがあります。
また、底地に投資するだけでなく、借りた人が住まいを建てた場合、税金が安くなるといったメリットもあります。
一方で、物件の方が利益を得やすいということもあるので、専門家と相談しながら進めていきましょう。

 

こんな記事も読まれています