これから、土地を買おうかと考えている人はいませんか?
一般的に、自分のものとして土地を買った場合は、税金がかかりますよね。
しかし、条件のある借地の場合は、税金に関することも一般的な土地と同じように考えても良いのでしょうか?
今回は、借地では税金の扱いはどうなっているのかについて説明したいと思います。

借地以外の一般的な土地と税金の関係

私たちは、毎日生活をしていると税金と多くの関わりがあります。
一番わかりやすいのは、物を買った時にかかってくる消費税ですよね。
特に、一軒家の家の購入を考えている人は、買う時の費用だけでなく、今後支払っていくお金に関しても考えることが多いでしょう。

一般的に、土地を購入した場合は税金がかかります。
固定資産税とよばれるもので、名称くらいは聞いたことがある、という人もいるかもしれません。
土地を持つことになると、税金がかかり支払いを求められます。

しかし、借地のように、借りている土地の場合はどうなるのでしょうか?
「借りている土地でも家を建てているならば、税金を払わないといけないの?」
このように思う人もいるかもしれませんが、借地に家を建てた場合は異なります。

実は、税金はかからないのです。
初めて知った人にとっては、とても驚く事実でしょう。

どうして借地には税金がかからないのか?

借地に家を建てた場合、土地に対して税金がかからないのはなぜでしょうか?
実は、土地を管理しているのは誰なのか、ということが考えるポイントになります。
少し状況を整理して考えてみましょう。

借地は、土地を貸している人から土地を借りていることで、借りた人が直接土地の管理をしてはいません。
あくまでも土地の管理をしているのは、土地を貸してくれている人ですよね。
そのため、借地に住んでいる人には税金はかからないということになります。

しかし、土地を貸してくれている人には賃料としてお金を支払う必要はあります。
賃貸の物件に住むと、必ず毎月家賃を支払うことになりますよね。
賃貸の物件と同じようなシステムだと思うと、分かりやすくなるでしょう。

したがって、税金はかからない分、その代わりに賃料を支払う必要があります。
どのくらいの金額を支払うのかは個人で異なるので、事前に確認しておくといいですね。

まとめ

今回は、借地では税金の扱いはどうなっているのかについて説明しました。
借地では、一般的な土地にかかる税金の支払いが求められることはありません。
しかし、借りている土地なので、土地を貸してくれている人に対して、決められた額の賃料の支払いが求められます。
人によっては、賃料の支払いの方が今後にかかる費用から考えて合っている人もいるので、不動産会社に相談してみましょう。