みなさんの中に、建物の改築やリフォームを考えている人はいませんか?
生活の変化に応じて住宅の設備を変え、より生活しやすい環境に変えていくことは大切ですよね。
借地に住宅などの建物がある場合、増改築に注意が必要なことはご存じでしょうか?
今回は、借地にある建物の増改築は自由にできるのかについて解説します。

借地にある建物の増改築は自由できない

借地とは、貸主から土地を借りていることを言います。
住宅を購入する時の資産の状況などの理由から、土地を買わず借りることによって、住宅全体の購入費を抑えることができますよね。

「土地は借りていても住宅は自分たちの物だし、増改築は自由にやってもいいのでは?」
確かに建物は自分で購入しているので、このように思うでしょう。
しかし、実際は借地に建てられた建物は、勝手に増改築をしてはいけないのです。

現在、借地に住宅を建てている人は、借地や住宅に関する契約書類を確認してみて下さい。
契約書類を確認すると、様々な取り決めが確認できますよね。
増改築ができない旨が書類に書かれている場合は個人で勝手に増改築はできないのです。

契約書類に、増改築の工事範囲が制限される、増改築が認められないことが書かれていた場合は、貸主に許可してもらう必要があります。

なぜ借地にある建物の増改築には地主の許可が必要なの?

自分の住宅なのに、なぜ土地の貸主の許可が必要になるのか、疑問に思う人もいるでしょう。
借地にある建物の増改築を、個人の判断でできないのには大きな理由があります。
貸主とのトラブルにならないためにも、知っておきたいですよね。

借地に建てられた建物は、特別な事情がない限りは建物を購入した人の物です。
しかし、金銭的な事情や環境の変化といったことから、住宅を手放してしまう可能性もありますよね。
このような状況になった時、場合によっては土地の貸主に住宅を購入してもらうことがあるでしょう。

貸主に購入してもらう時に、建物が増改築していると購入金額が大きく変わります。
売る側は問題ありませんが、買う側にとってはお金の面の影響が大きいですよね。
高額での売買を避けるためにも、貸主の側は契約書類で増改築に制限をかけることがあるのです。

まとめ

今回は、借地にある建物の増改築は自由にできるのかについて解説しました。
借地にある建物は、個人で自由に増改築することはできず、増改築をしたい場合は貸主に許可してもらう必要があります。
借地の建物の増改築が制限されているのには、貸主が建物を買い取ることになった場合の金銭的な負担についての理由が挙げられるでしょう。
土地の貸主とトラブルになることが多いので、増改築を考えている場合は注意するといいですね。

 

こんな記事も読まれています