不動産の用語は専門的な言葉が多く、「聞いた事はあっても詳細までは分からない…」という人も多いのではないでしょうか。
特に法律が絡むと、難しいですよね。
本記事では、数ある不動産用語の中から「底地と更地」を取り上げ、その概念について解説していきます。
底地と更地の違いとはいったい、何なのでしょうか。

まずは底地と更地の定義について確認しましょう

底地と更地は、いずれも不動産関係の用語です。
不動産に関する用語や法律などは、学校で学ぶことはありませんが、社会人になってから深く関わってくるケースが多い分野ですよね。
そこで、まずは底地と更地の定義について確認することにしましょう。

底地は、「そこち」と呼び、更地は、「さらち」と呼びます。
私も最初は底地の事を「ていち」と呼んでいたため、ひょっとすると、同じように勘違いしている人もいるかもしれませんね。
底地も更地も、土地についての言葉ですが、更地の方が概念として大きな意味を持ちます。
より具体的に解説しましょう。

例えばあなたが某土地を所有しているとします。
その土地は、当然ですがあなたが自由に使ってよいですよね。
この状態では、完全な所有権を有していることになります。

これに対して、あなたがその土地を他人に貸す事を想定してみましょう。
すると、“土地を貸し出す”というような決定権は地主にありますが、その土地をどのように利用するかまでは、細かく制限することはありませんよね。
つまり、“土地を借りた人は借地権を有する”事になるわけです。

土地を貸した場合、その土地は、「借地権」と「底地」に分かれるのですね。
簡単にまとめると、更地が借地権と底地に変換されるというイメージです。

関連する他の用語についても確認しましょう

底地と更地の意味合いの違いについて、ご理解いただけたでしょうか?
底地は、完全な所有権である更地の状態から、借地権を除いた不完全な所有権がある状態を指します。
その上で、「借地権」という不動産関連の用語も出てきたので、まとめて確認してしまいましょう。

正確に申し上げると、借地権というのは、初めにお話ししたような事例の場合、“借地借家法の適応がある借地権”となります。
さらに言い換えると、“土地賃借権と地上権を含有した概念”という事になります。
土地賃借権は、債権的な、土地を利用するための権利です。
地上権は、物権的な、自由に主張できる権利のことです。

まとめ

本記事では、不動産用語の中でも、底地と更地について解説していきました。
底地と更地について、ご理解いただけたでしょうか?
似ているようで、2つの概念には重要な違いがありましたね。
不動産は何らかの形で関与する人が多い分野であるにも関わらず、なかなか知識を得る機会は無いように思いますので、この記事を通して少しでも学んでいただけたら幸いです。

 

こんな記事も読まれています