不動産の売買をする際に不動産会社を介した場合、不動産会社には仲介手数料を支払うことになります。しかし、仲介手数料は売主様と買主様のどちらが支払うのでしょうか?

 

・仲介手数料の支払い

不動産を売買する際、まず不動産会社に依頼する人がほとんどでしょう。不動産会社に売買を依頼すると、まずその不動産の価格を決定します。そして買主様を探し、希望する人がいたら売買契約を締結します。

売買契約が結ばれた時、売主様は不動産会社に仲介手数料を支払います。しかし、買主様も売買代金とは別に仲介手数料を支払うことになります。これはなぜかというと、売主様が仲介を依頼した不動産会社と、買主様が仲介を依頼した不動産会社が同じとは限らないからです。

不動産会社は、多くの場合同業者とのネットワークが有ります。1社ずつで売買するよりも、より多くの希望者が見つかりやすいように他社に訪れた人にも紹介できるようにしたいからです。商品を抱えて売買するのではなく、あくまで仲介という形での売買なので、他社で扱っている不動産を紹介した場合でも仲介手数料は手に入るからです。

そのため、売主様を担当した不動産会社は仲介手数料を売主様から受け取り、買主様を担当した不動産会社は買主様から受け取ることになります。もしも売主様と買主様の両方を担当した場合は、各々から受け取ることができるので、単純に2倍の手数料を受け取ることができます。この、売主様と買主様の両方を担当することを、両手取引といいます。

 

・仲介手数料はどのくらい?

不動産の仲介手数料は、売主様と買主様のどちらでも同じ金額となります。その計算は、売却価格に3%をかけて6万円を加えた額が上限となります。この計算は簡易的なものであり、不動産価格によっては異なる場合が有ります。ちなみに上限については、宅建業法という法律で定められています。

例えば1,000万円の不動産を売買する際の上限は、1,000万円×3%+6万円=36万円となるのですが、これを売主様と買主様の両方から受け取ることができるので、両手取引の場合は36万円×2=72万円となります。

気を付けたいのは、あくまでこの金額は仲介手数料の上限額という点です。そのため、交渉次第で割引となることもあります。また、中には両手取引の際に仲介手数料をどちらか無料としている不動産会社もあるので、高いと感じた時には違う不動産会社に依頼してみましょう。