法律上「通貨」として、はっきりと定められているため、個人・法人に関われず仮想通貨の売買で手に入れた儲けは所得税法上、課税対象と日本でなっているのが、仮想通貨やビットコインということです。

ビットコイン・仮想通貨を買った段階では確定申告の義務は生じませんが、ビットコインから日本円やビットコイン以外の仮想通貨に変えられ、利確されると確定申告を行う必要があります。

仮想通貨またはビットコインの申告漏れがあるとどうなるか?

このような各加算税は「本人が申告をしたのか」「指摘が税務署からあって申告をしたのか」というケース次第で、税率が変わってきます。最終的に、決められた期間に確定申告がない時は、仮想通貨の儲けの7~9割を上回る税金が徴収されます。法律で定められている確定申告は、忘れていましたでは解決しないことを良く分かっていることが必須です。

仮想通貨の利益にかかる税金の算出

控除額等は設けていない雑所得は、一般的に適用される根本的な法則として、全額課税となります。ですが、年末調整をやっていて、確定申告する必要のない給与所得者に到っては、給与所得以外の収入が20万円以下のケースで、申告義務がないのです。会社員の方々は、各々の会社で年末調整をやってくれますので、20万円内の儲けであれば、確定申告を別々にする必要はないということです。

仮想通貨またはビットコインと、FX取引との申請時の違い?!

確定申告時について、最も重要と言っても過言ではないもう一つのことにふれておくと、仮想通貨、またはビットコインと、FXとの申請が異なるものだということです。

ビットコインや仮想通貨と同等のFXは、雑所得としての申請義務が勿論あります。ですが、同じ雑所得でも、税率や区分が違いますので、申請する際は注意が必要です。

最も目を向けておくべきことは税金の算出が異なるということです。『総合課税』が仮想通貨、『申告分離課税』がFXと法律で決められています。総合課税は、所得額に合わせて税金が上がる累進課税を用いているため、収入の最高税率は45%になります。

また、それに10%の住民税が生じるため最大税率で55%の税金が仮想通貨の儲けにかかってきます。仮想通貨、FXも同じように総合課税の対象となるので、FXと間違えない様に覚えておく必要があります。

仮想通貨とビットコインの確定申告の結論

仮想通貨、ビットコインで手に入れた儲けについては、所得税の課税対象となる、雑所得のケースでは仮想通貨、ビットコインで手に入れた儲けが20万上回る際は確定申告が必要です。仮想通貨を円やドルに変えて、儲けが決まっていれば課税義務が生じます。ですが、日本国内の仮想通貨に関係する税金の対処について法整備に欠点があるため、細かく知りたい時は所轄の税務署または税理士に尋ねた方が確かな情報になります。

 

こんな記事も読まれています