建物の購入を検討した時に、地主様から土地を借りた方が良いのか、それとも自分で土地を購入した方が良いのか悩んでしまうこともあるかもしれません。

土地を借りた時は借地権、自分で購入した場合は所有権となりますが、借りるくらいなら所有をした方が良さそうな感じもしますが、実はそうとも言い切れないのです。

借地権、所有権のメリット・デメリットをしっかりと理解して、自分がどちらの土地を選んだ方が良いのか考えていきましょう。

1. 借地権のメリット・デメリット

地主様から土地を借りる時の借地権のメリットとして、所有権の場合に比べて初期費用を安く抑えることができるという所や、所有をしていない以上、毎年発生する固定資産税を支払う必要はありません。

デメリットとしては、土地を借りているのですから、当然ではありますが毎月地代を地主様に支払う必要があります。他にも所有権の場合に比べて住宅ローンが組みづらい可能性があります。

お金を貸す側としても、借りている土地というのは担保評価を低く見てしまう傾向にありますので、借地だと住宅ローンの審査に通らない場合もあるということを覚えておく必要があります。

2. 所有権のメリット・デメリット

所有権のメリットは自分が所有している土地ということもあり、自由に売却や相続をすることが出来るという部分です。

デメリットとしては自由に売却などをすることが出来る反面、毎年の固定資産税を支払う必要が出てきますし、購入時の初期費用が借地の場合に比べて掛かってしまうという部分です。

3. 今後のライフプランを良く考える事が重要

借地権、所有権それぞれにメリット・デメリットがある以上、どちらがオススメなのかという話をすることは出来ません。

賃貸物件に住んでいる子育て世代のファミリーが子供の足音や鳴き声で他の住人に迷惑を掛けているから、初期費用を抑えてでも自宅を購入したいと考えているのであれば、借地の方が合っているかもしれません。

今の自分達の状況と今後のライフプランを考えた上で、どちらが合っているのかを判断することが重要になってきます。

家を建てるのなら土地も自分達の所有であるべきだと思ってしまうかもしれませんが、無理をして初期費用にお金を掛けてしまったことで、その後の自分達の生活が苦しくなってしまっては元も子もありません。

見栄を張るようなことはせず、今後のライフプランをしっかりと考えた上でどちらが自分達に合っているのかを判断することが大事になってきます。

 

こんな記事も読まれています