自宅を売却する際、ほとんどの人は不動産業者に仲介を頼むでしょう。その際の仲介手数料はどのくらいでしょうか?また、その仲介手数料を安くする方法などはあるのでしょうか?

・不動産売却時の仲介手数料の相場は?

不動産売却の仲介手数料については、宅地建物取引業法という法律によってその上限額が定められています。仲介手数料の上限額は売買する不動産によって異なっていて、売買価格が200万円以下の場合は税抜で5%が上限となります。200万円を超えて400万円以下の場合は売買価格の4%に2万円を足した金額が上限となり、それ以上の場合はその売買価格の3%に6万円を加えた金額が上限となっています。

この仲介手数料には、売却の為に広告を出した場合の広告料や、現地を案内する際の費用なども含まれています。ただし、売却の際に特別な広告などを依頼した場合の広告費用などは実費を請求される場合があります。また、依頼者が希望して遠方の購入希望者と交渉に赴いた場合は、その出張費用なども別途請求される可能性があります。

この手数料は上限額しか定められていないため、悪徳な不動産業者の中にはこの上限額を一律の手数料として説明する業者もいて、また上限額以上の仲介手数料を請求する業者や、広告費用を別に計上する業者などもいます。こうした不動産業者には注意しましょう。

・仲介手数料を安くするには?

先ほども述べましたが、仲介手数料についてはあくまで上限となる金額が定められているだけです。そのため、実際の仲介手数料については不動産業者によって異なります。そのため、不動産業者との交渉次第では仲介手数料が相場より安くなることもあります。

また、交渉が苦手という人は、複数の不動産業者から見積もりを取る相見積もりを行うといいでしょう。これは不動産業者にとってもよくあることなので、素直に他の業者からも見積もりをもらう、ということを伝えて構いません。そうすれば、他社に対抗するために仲介手数料を相場よりも安くしてくれるかもしれません。

また、不動産業者が1社で売買を両方取り扱う場合は、それぞれにかかる仲介手数料を両方とも受け取ることができます。そのため、仲介手数料を相場よりも安くすることができるかもしれません。その場合は自主的に安くしてくれることもありますが、基本的には交渉によって安くしてもらうこととなります。

不動産業者の仲介手数料は、なんとなくでしか知らない場合は相場よりも安くしてもらおうにも、どう交渉していいかわからなくなるでしょう。上限や相場についてきちんと把握しておけば、交渉もしやすくなります。不安な場合は相見積もりも利用しましょう